FC2ブログ
ファーム・奥能登 ~徒然日記~
農作業の苦労話や作業日誌、お得情報などをご紹介しています

blog来場者数



リンク



カテゴリー



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


青空に恵まれた冬の大阪ーーー感謝!!--

能登からメールと荷物が届きました!

30cmの積雪とか。

人の動きのある所は、もう半分以上、消えていることでしょうね。
(2軒並んで、人の居ない実家の周囲のみが、融け残った雪に覆われているでしょう)

例年にない荒波とのこと、、、外へ出るにも気合が必要な感じのお便りでした。

でも、田舎では、
ふる里へ帰って正月をした人々の楽しげな歓声が雪の合間をぬって響いていた模様で、、、

1月2日に変更された「あまめはぎ」行事ーーー思い出すだけで、子供達のワクワク、どきどきする興奮が胸中を走っていきます。

それから、「選別された大豆」が届きました。

雪の積もった道の中を、10数Kgもの重さの荷物を、2kmばかり離れた郵便局まで運んで送り届けてくれたIさんに、深く感謝します。

おそらく、一輪車に積んで、雪の中、徒歩で運んでくれたのだろうと、、、思うと感謝の言葉しかありません。

(今年の小豆と大豆と落花生の選別には、Iさんご夫婦の手をお借りしました。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大阪は、これまで雪を見ていません。
(年によっては、2,3cm積もって、朝、車の大渋滞を引き起こす土地柄です。)

今日は、青空です。

不公平な程の、天候の差です。

毎日、洗濯物が季節を問わずに干すことができます。

大阪へ来て嬉しかったのは、この「冬の日射し」でした。

近所付き合いをする暇のなかった”現役時代;共稼ぎ時代”をようやく終えて、「土地に根付く」ことの第一歩の「近所付き合い」を意識し始めています。

蕎麦、さつまいも、干し柿、蕎麦饅頭、を手作りする度に、ご近所にも手渡すようにと、息子宅の近所の分を勘定に入れて、作ってみます。

孫の1歳の祝いに背負う 「伸し餅;1升」

伝い歩きしか出来ない孫に、賑々しく、背負わせた後、
さっそく切り分けてご近所に振舞いに行く時、
さりげなく孫も肩脇に抱いてでかけるお嫁さんの
慣れた姿に、思わず”安堵”しました。

息子夫婦は、引越ししてきて間が無いけれど、この土地に根付ける基盤をつくれたようだとの”安堵”です。

餅は、私共、老夫婦二人で、用意したもので、、、連れ合いが必死で、餅箱の中でひっくり返して、冷まして形作ったものです。
「皺がいっぱい入った餅」は、連れ合いの愛情の数だけ入っていると思って、、、。
( 慣れない仕事に懸命に取り組む連れ合いの誠実さに、またも、心打たれました。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あと1ヶ月もすれば、追肥を撒くタイミングを計る、農作業の日々が訪れます。

それまで、南国;大阪で、料理漬けの毎日を送っています。

初心者なので、すべてが面白いです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tsuratsuranikki.blog100.fc2.com/tb.php/480-890e333f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。