FC2ブログ
ファーム・奥能登 ~徒然日記~
農作業の苦労話や作業日誌、お得情報などをご紹介しています

blog来場者数



リンク



カテゴリー



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


適正規模(3)---栽培面積と経費ーー

少しづつ、冬めいてきました。

出勤前の、主人の腰の位置に、カイロを張る朝の光景が復活しました。

気象庁の「日毎のデーター」で、能登;輪島の昨日の数字を見ます。
(昨日は、日射しが6時間もあったようで、嬉しいですねぇ!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私が、毎度、栽培面積をどれ位にするかを悩むのは、面積、栽培品種によっては、人手を頼む必要があるからです。

能登に滞在できる日数が限られていた(週に4日、大阪で勤務していた頃)時代は、収獲時期と天候、人手の配慮等で、てんやわんやでした。

今は、7~9日間の出張感覚で、能登に滞在できるよう、配慮してくれるので、心にゆとりができるようになりました。

それでも、じつは、完全に自分一人で、農作業をできるわけではありません。

あくせくと、雨の日も休まず働かねば、その時期の目標達成が叶いません

販売すると決めた、”じゃがいも””タマネギ”の栽培面積を中心に据えた、計画を出していますが、「ジャガイモの輪作」が必要ですので、、、畑の必要枚数が、現状の8枚(1,4ha=140a=14000m2)になります。

畑の周囲が、耕作放棄地で囲まれているため、手を抜くと、あっという間にススキ、クズ以外のアカザ、シロザ、ヨモギを先頭に、雑草に覆われてしまいます。

雑草対策としての薬剤は使用しない方針です。(薬害・アレルギー)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
独りで、人手を掛けずに栽培するとすれば、今より縮小した面積で、( 畑2,3枚で)僅かな品種だけを扱うことになりますので、販売など不可能です

ニンニクを販売してみようと、栽培を始めてみて、植え付け本数の規模が、自家用だけの場合とは、はるかに大きな本数にしないと、継続できないことを知りました。

蕎麦や小麦は、その製粉工程(独占的な企業形態)や、安価な海外からの輸出品のために、栽培自体が成り立たなくなっています。(私の趣味の範囲で作っています。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
販売しようとして、初めて、世間が見えてきました

元より、大阪から通って栽培するという形態には、無理があり、収支が合うはずもありません。

何故、そこを敢えて、やり続けているかと言えば、---

ふる里の活性化であり、

私の精神への活性化です。

私が抜けて(大阪に戻ってしまった時)、8枚の畑が、耕作放棄地に逆戻りした時の光景を想像すると、いかにも寂しい野山が、再現されてしまいます。(私が7年前に見たショックが、再現するのです。)

模索する!”

足掻いてみる

人々と声を掛け合う

継続することが大切なのだとこの頃おもいます。

こじんまりと、独りの世界で成立する空間よりも

止むを得ずでも、多くの人々へ向けて働きかけたり、繋がりを求めて模索する広い世界の方が

生きて行くのに、面白いのではないかと思うのです

能登へ通えるのも、残りの年数を数える方が早いかもしれませんが、、、

家族の反対を背に、人手の必要な面積挑戦しています

この方が、収獲した量に背中を押されて、世の中を掻き分けて、販売先の開拓や、新しい繋がりが出てきたりします。

目下、「大豆の販売!」を求めています。約100Kg強!(選別済み)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tsuratsuranikki.blog100.fc2.com/tb.php/471-5e36472c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。