FC2ブログ
ファーム・奥能登 ~徒然日記~
農作業の苦労話や作業日誌、お得情報などをご紹介しています

blog来場者数



リンク



カテゴリー



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


適正規模?---栽培面積を悩むこと多々有りーー

落花生が、今年、豊作でした

カラスに、発芽前後を狙われて、二度蒔きしたことを以前お話しましたが、、、遅れて植えつけた落花生の収獲を11月末にしました。

まだ、葉が黄色くなりきってはいませんでしたが、収獲することにしました。

霜も一度、強烈に降りたこともありましたし、天候の不順な季節柄、これ以上待てない状況でした。

動物除けの網と鉄条網を、私が回収している間に、Iさんが鍬で掘り出してくれました。

その後、午後一杯掛かって、二人で、落花生畑の面積の三分の一強実を茎から外したのですが、、、まだ外していない山が多くて、そのまま畑に置く訳にもいかず、Iさんの小屋に預かって貰って、、、申し訳ないことに、ご主人にも手伝ってもらって、実を外すことにしました。

お寺様にお参りする予定」を延して、Iさんご夫婦が取り掛かってくれた分とあわせると、一輪車に山盛り2杯分、収獲しました。

これを、皆月川(大川)で袋に入れたまま泥落としをし、本町の流れ落ちる水飲み場の水で、仕上げをして、、、ザルに広げて、天日乾燥しました。

( 半日、雨が降らずにいた二日間に干した位では、殻の表面の水分が飛ぶ位です。)

家の中に持ち込んでからは、休まず”扇風機”を回し続けました

布団乾燥機の利用もしましたが、はかばかしくないので、ひたすら”扇風機による風乾”をしました。

殻の中の実に、水分が多量に有る場合は、殻が乾いてきても、しばらくすると、じっとりと殻が再び茶褐色に湿ってきました。
殻の色が、白く乾く物は、殻自体が固く、実も充実しています。(次年度への種子用;炒め用に)

殻の色が、薄灰色に乾く物は、殻が薄く、実も一部欠損していたり、小さかったり、未熟だったりしていましたので、専ら”塩茹で専用”に回しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
落花生を炒る

① 電子レンジの利用、② ストーブの天板利用、③ フライパン利用、④ すき焼き鍋利用、など等ありますね。
かりっとした中身にするには、気長に試食しながら頃合いをみるしか手がありません

※ 乾き加減と、分量によって時間が変わってくると想います。※

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
畑に沢山、落花生を作ると、贈答用にふんだんに利用できます

が、1) 雑草引きや、2) 動物除けの網などを張り巡らせるとか、3) 収穫後の実の取り外しにかなりの時間が割かれます。
4) 水洗い、5) 乾燥、6) 選別などに、細かな配慮となにより時間が必要です

時間に追われて走っている私にとっては、結構しんどい作物ですが、「こういう、食べ方もあったんかぁー!」と喜ぶ人々の顔が見れて、嬉しさがつのったのも落花生でした

次年度は、如何ほど作ろうかと悩みます。

来年のことを予想できない人間の弱味でしょうか?

今年並みにしておく方が無難なのですけれど、、、。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tsuratsuranikki.blog100.fc2.com/tb.php/468-377db917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。