FC2ブログ
ファーム・奥能登 ~徒然日記~
農作業の苦労話や作業日誌、お得情報などをご紹介しています

blog来場者数



リンク



カテゴリー



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


玄蕎麦の値段?---農婦の小遣い稼ぎ程度?--

玄蕎麦とは、そば粉になっていない、殻付きの蕎麦をいいます。

畑から刈り取られたソバは、どのようにしてそば粉になっていくのかをまず、紹介しましょう!

(1) 茎葉付きの植物としての蕎麦は、私共では、鎌で刈り取ってワラ(稲の茎葉)で直径10cm位の大きさの束にします。(IAさんが担当してくれました。)

(2) 2つの束を集めて、上部三分の一位で、もう一度括ります。(私の担当です。)

(3) 畑の中から、(2)で括った束を集めて、搬送機に載せ、軽トラまで運びます。

(4) 軽トラでハサザオまで運び、荷台の上に乗って、ハサザオに掛けていきます。(10月末)

(5) 約二反(20a)の畑から、蕎麦を刈り取るのに、合計5人分の人件費を支払いました。

(6) 天候との相談ですが、、、11月後半になって、小屋に取り込みます。(軽トラで3回搬送)

(7) 日本酒6本入りの強化プラスチック箱を動かないように石臼の重しをして、、蕎麦の束を箱に叩きつけます。(人力です。)(土埃で頭と口が白くなるのを防ぐために白いスカーフでしっかり顔を包みます。)

(8) 集まった山には、枯葉や、小さな茎が混じって、大変な嵩です。

(9) 直径1,5~2,0cmの穴が格子になった篩で、枯葉を取り除きます。

(10) 直径2~3mmの小孔の篩で、土を取り除けます。

(11) こうしてできた山をスコップで掬って、とうみに掛けること二回!

(12) ほぼ、きれいな玄蕎麦ができました。1斗缶で計ってみます。

(13) 乾燥が不十分との指摘を受けて、お天気を見計らって、10時から14時までシートに広げて、熊手で混ぜます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
都合、6人前の人件費(私の分は含まれていません。)をかけましたが、、、次年度のタネ用の玄蕎麦を2斗、取り除けただけで、、、残り全量売り払って、3万3千円でした。

赤字 = 足が出ました!”

家族が手伝って(人件費を支払わずにと、言う意味で)、一週間かけてのんびり仕上げたら、少し嬉しい金額でしたでしょうか?

つくづく、「アカンナァ!」と思いました

海外の安い玄蕎麦、もしくは、北海道などで行なわれる、大規模生産でなければ、採算が取れないという現状は、日本の農業のすべてに通じる問題点です。

農家の小母ちゃん達の小遣い稼ぎ」と、製粉業者のHaさんが表現しましたが、男達が本気で参入できない現状を認めていては、「地場産の蕎麦つくり」も危ないのではないかと心配をしてしまうのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
寒いシーズンに、黙々と働く小母ちゃん達の姿は、5年後、10年後、存在するだろうか?

(現代の若い人には、黙々、辛抱して、、、という姿を連想し難いのですが、、。)

また、
玄蕎麦を粉にするまでにも、何工程かあり、手作業で黙々、背中を丸めてやってくれる師匠の痛む背骨を想うと、辛いものがあります。

あまり、機械化しないで頑張っているお年寄りが欠けてゆくと、「門前蕎麦まつり」自体が消えるのではなかろうかと心配です。

ボランティアでやっているようなもので、、、儲けが無いというより、足が出ている!」という悲鳴にも似た状況では、事業は継続不可能な日がやってきます。
※ 関係者は、経費の見直し、後継者作りなど意識的にスタートしなければ拙いと想うこの頃です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
地場産、産地直送、道の駅、マイ農家などと、取り上げられる言葉は違いますが、中身は、”温かみの感じられる、田舎の味”を求めている「都会育ち」が購入を求めているのです。送料込みの値段は、決してお安くはありません。

だから、時折、嬉しく手に入る味が、都会人の心をワクワクさせるのです。

安ければ嬉しいけれど、、犠牲を払っての安さは求めていません

来年も、再来年も、季節になったら送り届けて欲しい

<そして、はっきり言って、>

日本全国の小農家が、作物を作ること自体が”アホらしく”思えるような日が来れば、、、日本の農業は終わりで、、、日本人は、高騰した外国産の農作物を買わざるを得なくなるのでしょう。

農作業のイロハも知らない、人々が、食うに食われず、仕方なく古典的な道具から、農作業に手を染める時代がやってくるのではなかろうかと心配です。

荒れ果てた土地の開墾!---
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tsuratsuranikki.blog100.fc2.com/tb.php/466-ebc8a0f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。