FC2ブログ
ファーム・奥能登 ~徒然日記~
農作業の苦労話や作業日誌、お得情報などをご紹介しています

blog来場者数



リンク



カテゴリー



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気候の違いーーーかなりあるよぉ!--

能登の10月は、朝夕の気温が大阪よりも低い

露のびっしり降りる量が、能登は多い

陽が出ていても、朝夕の露の性で、畑土の乾きがぐんっと悪くなる

雑草は、いつまでも蔓延ろうとするが、タマネギの育つスピードは、大阪でのそれに比べるとかなり遅いと感じた。( 大阪では、タマネギは9月23日を目安に蒔けと言われる。11月後半になって畑に植え付ける。)

能登では、大阪より1ヶ月早めにタマネギの種蒔き、植え付けが行なわれる。

大阪では、1ヶ月遅れでも、一雨毎に、ぐっ、ぐっと太さを増して育つが、、、能登では”日射しに力が無い!”とばかりに、期待値より細い生育状況だった

日射しの角度、気温が、2地点(能登、大阪)では夏季以上に、大きな差が出ていると思う。

「 穏やかな瀬戸内気候の大阪 」と、新潟市と緯度をほぼ等しくする、日本海に突き出た北陸;能登;輪島市;門前町:七浦地区 → → → この2つの地域差は、かなりある!

同じ石川県でありながらも、海に突き出た能登半島は、極東ロシアに近い能登の、外浦地域から冷え込んでくる。

能登自動車道を大阪目指して、帰りながら、、、中能登、羽咋市、金沢市へと進む内に、気温の差を感じる。

金沢に近づく程、暖かくなるーーーこれが冬の入り鼻の気候です。

能登には、冬が早くやってくる

秋田や、新潟並の速さで、冷たい風が吹きつける

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし、冬本番では対馬海流の接近のおかげで冷え込みは、、、海岸に近い所ほど、弱く、、、降雪もすぐ消えていく。ただ、風がきつい

海からの潮風が、白く吹き上げて、霧のように畑を包む。

そういう土地柄であることを

小さい時から感じていながら、なかなか、実感に至っていなかったのです。

畑のある土地柄を、しっかり掴むことが農業を志す上で、基本でありながら、迂闊でした。

来春は、能登に通い出して7年目です。(頑張ろう!)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tsuratsuranikki.blog100.fc2.com/tb.php/462-e11aae62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。