FC2ブログ
ファーム・奥能登 ~徒然日記~
農作業の苦労話や作業日誌、お得情報などをご紹介しています

blog来場者数



リンク



カテゴリー



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


土地に合った品種を求めてーーー数種類を植えつけるーー

11月4日(木)は、サツマイモを掘り出していました。

紫芋(パープルスィートロード)を多めに、恩納芋、タマオトメを少々、植え付けていました。

食感は、どれもねっとりです。

畑土の特性(重粘土質に加えて、ここのところの雨続きでは、予想通りの味です。

これまでに、金時芋の類ほくほくした食感の芋)は、絶対無理!と諦めながらも、2種類、植えつけてみました。干し芋用はどうかと、これも今年で2種類目を植えました。色の面白い芋の中で、紫芋が一番元気が良く、勢いが強いので、能登の土地に合っているのだろうと判断しています。傾斜地で、山から流れてくる水の道筋になっていないだろう処に植えつけていますが、、、この夏の厳しい乾季にも生き抜いて、育ってくれました。(2,3回散水をしました。)

※ この紫芋は、スィートポテトなど、加工用に利用できますが、焼き芋のイメージからは遠い、水っぽい焼き加減になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジャガイモは、

メークィン系を3種類、試してみました。

世間で好評を得ている、キタアカリも植えつけてみました。

どれも首を傾げる出来でした

男爵」以外は、風土に合わないのかもしれません

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タマネギは

来年は、一気に3種類、並べて植えつけましたので、その微妙な差が見えてくるかもしれません。

どれも甲高で、貯蔵の効く、タイプです。

OP黄が、寒さに弱いのかもしれませんが、、。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
畑がたくさん有る所為もありますが、、、試しに植えつけて比べることを、2年目から心掛けています。

とにかく、ネギ類は、文句を言わずに育ってくれますのでネギ類が一番風土に合っているのだろうと感じています。

ニンニクは、来年、大中小3種類を見比べることが出来ますが、、、ジャンボニンニクに分が悪そうな気がします。(とにかく、発芽が早い!さっさと食べないと緑化する。)

毎年植えていると、サイズが小さくなってしまうので、買い直さなくてはいけないと言う声を村人から聞きましたが、それは、ニンニクなどが肥料食いであることを知らずに植えているのかもしれません。

畑に草を鋤き込んだり、堆肥を入れたりすると、球が小さくなる等の現象はおきていません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
畑によっては、植え付けた作物を拒否するかのように、小さく枯れていくものもありました

長芋の類がそうです。

土中のガレの多少、地下水の流れの有無、冬季の季節風の当たり加減、粘土質の量などが、一枚一枚の畑毎に微妙に違いますので、なかなか、簡単にはいえません。

土中のガレの存在が、中でもキツイ条件となっているようです。

ソバの生育状況が、見事にまだらな図を描いて、畑の状況を暗示していました

ソバの生育状況の悪いポイントには、ガレが今も顔を出して来る処です。

作物を諦めて、ハーブを植えつけた方が良いのかも知れないと思ったりします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こうして、考えている時が楽しいのです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tsuratsuranikki.blog100.fc2.com/tb.php/461-3046c686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。