FC2ブログ
ファーム・奥能登 ~徒然日記~
農作業の苦労話や作業日誌、お得情報などをご紹介しています

blog来場者数



リンク



カテゴリー



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


膝痛ーーー筋肉のつくりの不思議さーー

夕べ、孫と久しぶりに遊びました。

私は、ソファーの上に腰を下ろしていました。

孫二人が、次々争うように膝の上に座ったり、立ったりしながら遊びます。

14,5kgの敏捷な身体を、私の太ももの上に立たせて、でんぐり返し等させているうちに、疲れが出てきて、、、主人にタッチ、交代!

自宅に帰って後、主人と二人、居間で鼾をかいて一息寝ていたようです。

お風呂に入り、布団に横たわってすぐ、久しぶりに熟睡しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このところ、大阪に居る時は、極力マッサージに通っています。

先生が押さえてみて、張っているところは、私にとっては「痛い!」ところですが、

先生には”力をいれるべきツボ”のようです。

こうして、1回、1回と回を増す毎に、足の膝周りの筋肉の”張り”を解消していったのですが、、、

どうしても太ももの奥まったところにある”張り”が消せないまま、通院1年目が来そうです。

歩き方は、軽くびっこを引いています。

体の傾き方は、かなり小さくなりました。右足にも体重を乗せれる様に、少しづつの変化はあります。

でも、どうしても足先が素直に伸びずに、いじけていました。

カイロプラテックの整体師の先生は、骨の矯正はできますが、いじけた筋肉の手直しは不得意です。

骨が原因ではないと感じていた私は、近所のマッサージを受けることが、唯一の治療法でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今朝、目を覚まして、二階の寝室から降りるとき、右足の変化に気づきました!

しっかりと足裏が階段を踏んでいます。

夕べの異常な疲労は、この奥まった筋肉の張りを緩めたためだったのでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「痛いから、、。」と

動かずにいたために、固まってしまった筋肉を伸ばす。→ 私は60代始めでしたが、、、

途方も無い時間が掛かることを知りました。

能登の畑で、動き回ること、孫を膝に乗せて遊ぶこと

この二つに縁がなかったら、私は杖をついた生活をしていただろうと思います。

人は動く生物 = 動物  なので、

動かないでいれば、筋肉が固まって動けなくなり、死に至る状況になることを

改めて、身につまされて納得したのでした。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tsuratsuranikki.blog100.fc2.com/tb.php/452-4a125f29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。