FC2ブログ
ファーム・奥能登 ~徒然日記~
農作業の苦労話や作業日誌、お得情報などをご紹介しています

blog来場者数



リンク



カテゴリー



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


連作を嫌う蕎麦!---次はどの畑に?--

蕎麦の収穫後に出る残った茎葉は、田んぼに鋤き込む材料として、稲作農家に喜ばれます

腐り易く、カリウム分に富んでいる”からだと思います。

逆に言えば、蕎麦の耕作地から、カリウム分を抜き取ってしまうとも言えます。

続けて、同じ畑に蒔いてはいけませんよ!」Haさんの、助言の最後がこれでした。

ところで
「 蕎麦は痩せた土地を好む。」からと、長年放棄していた畑に蕎麦を蒔いた隣人がいました。

しかし、あまりにも出来が悪くて、、、収獲すら諦めて放置し、、元の放棄地に戻してしまった例を、私は見ました。

蕎麦は、それなりに耕作されている土地を好むのだと思います。

今年蒔いた畑は、1) じゃがいも 2) タマネギ 3)緑肥 4) じゃがいも 5)蕎麦 の順で5年目を過ごしています。 4)と5)の間は、雑草を鋤き込んでいるだけで、、、せっかくの春から夏にかけても植えつけずにいるので「由美ちゃん、あんたぁ、あの畑を使わないのかい?」と質問される有様でした。

「いえ、蕎麦を植える予定です!」

一年間で、蕎麦だけかい?と思われたことと推察します。

※ 土地の人々は、ジャガイモを植えつける前の、”春先の雑草を抑える”目的で「 蕎麦を蒔く」という説も出てきます。
(早春の畑の雑草を、座り込むようにして黙々と、雑草引きに日がな一日、かかっている姿を良く見かけます。早春の晴天の日は、あっという間に変化して、、、雨降りに変わるからジャガイモの植え付けは、延びに延びて、、、今年は特に多くの村人が難儀しました。蕎麦は雑草を抑えるので、少しは楽になるのかもしれません。)

また、
一枚、一枚の畑の” 癖 ”を思うと、次、どの畑に蕎麦を蒔こうか?と悩みます。

トラクターの歯が、自動で上に上がってくる畑の下には、「ガレ」(40kgばかりの石まがいのガレが顔を出してきたりします。)玉砂利がざらざら出てくる畑もあります。

蕎麦が良いか?菜種を蒔いてみようか

販路が確立されていないものを作るのは大変だということは「小麦の植え付け」で充分すぎる位、体験しました。

ちょっと広すぎる40aの畑を眺めながら、迷いは続きます。

雑草が、人の背丈位に伸びるようになってきたことを喜びながら、これに立ち向かう気力があるか?と思わずにはいられません。(痩せた畑には、雑草も、もう一つの勢いで、、、雑草の育ち方で畑の地力が想像されます。)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tsuratsuranikki.blog100.fc2.com/tb.php/443-3bb5d5ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。