FC2ブログ
ファーム・奥能登 ~徒然日記~
農作業の苦労話や作業日誌、お得情報などをご紹介しています

blog来場者数



リンク



カテゴリー



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


美味しい蕎麦ーーー人々の話からーー

<Haさんの話>

昔、佐渡に美味しい蕎麦があったのだが、作る人が居なくなって、廃れてしまったという

能登半島の小さな村々のおばあさん達が、自家用に、各家々に伝えられてきたという蕎麦の中には、佐渡と同じ系統の蕎麦が残っている可能性がある

潮風が吹き付ける土地の蕎麦には、味が濃いものが多い

ぜひ、今年も植えつけてみてほしい!(時々、畑を見せて欲しいくらいです。)

<Huさんの話>

貴女の持ってこられた蕎麦は、「中粒種」ですね。

蕎麦は、「小粒」の方が味が良いと世間で言われています。良かったら、国産種の小粒種を集めてあげますよ。」(小麦粉の製粉の件で知り合えた岡山県の製粉業者さんです。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<田舎の”蕎麦の師匠”>
「 これは長年、自分のとこで蒔いて来た蕎麦だよ。小粒の方が味が良いと言う話は聴いているけれどねぇ、、。」と今回、私に話をしてくれました。

<田舎のJA(農協)配達員の小父さん>
原産国”アメリカ”と記入された蕎麦の種袋を、「金沢の問屋から送られてきた蕎麦タネや。」って配達していました。
私は、その時、蕎麦の師匠が不在でしたので、かなり、迷っていました。
「折角、畑を用意したのに、、、今年蕎麦を蒔けないかもしれない。ここは、我慢してJAに注文する方が確実だろうか?」と、、。
が、、、、
師匠が「渡せる蕎麦タネはもう、残っていない。」というまで、諦めずに待つことにしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
原産国アメリカ」の蕎麦タネという、表示には驚きましたが、海外からの輸入された蕎麦を利用して製粉しないと、2009年度はかなり酷い不作の年」だったので、皆様に蕎麦粉をお渡しすることが出来ない、、という案内状を、貰った事を思い出しました。

国産の蕎麦の植え付け量が、日本国内の消費量よりも少ないと言う事実を、そこではっきり認識しました。

これまで私は、蕎麦タネの由来まで知らずにというか、聞かずに無造作に蕎麦の師匠から分けて貰った奥能登の蕎麦」を植えつけてきましたが、福井市の蕎麦製粉所として有名な会社のHaさんの話を聞いてから、関心を示された「奥能登の蕎麦を、意識して、気合を入れて、用意したいと考えるようになり、
蕎麦の師匠からのタネのお陰様で、今年は、少し多めに蒔くことまでも出来ました

こういう、Haさんのお話が聞けずにいたら、「国産で、小粒種」であれば、国内のどこかの地域の「蕎麦タネ」をHuさんから取り寄せて蒔いていたと思います。
うっかりすると、「蕎麦タネを無くしたので、アメリカ産の種でも良いや」って、JAに注文していたかもしれません。蕎麦の師匠が畑から帰ってくるのを、焦りながらも木陰で待ち続けて「待望の蕎麦タネ」を手に入れることができたのは、めったとない幸運だったと、今も嬉しく思います。

※ 蕎麦の師匠と、Haさんに渡す量を考えて、植え付け面積を少し増やしました。※

蒔き方に気をつけて、薄めにバラ蒔きました。

(Haさんは、10aには4Kgのタネで良いので、、、、列の数に合わせた小袋を用意して、タネを均等になるように出来るだけ薄めに蒔くべきです。---と蒔き方まで指導してくれました。)

時間が無いので、小袋は用意しませんでしたが、それなりに気を使って蒔きました。

日本でも数少ない、美味しい奥能登の蕎麦”という折り紙をつけて貰えるよう、育てていきたいと思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tsuratsuranikki.blog100.fc2.com/tb.php/442-313dedb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。