FC2ブログ
ファーム・奥能登 ~徒然日記~
農作業の苦労話や作業日誌、お得情報などをご紹介しています

blog来場者数



リンク



カテゴリー



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジャガイモの発送まで(2)---風乾;きたあかりの欠点ーー

ジャガイモの発送までの話で、最初の手続きの”風乾”が落ちていました。

風乾
自然乾燥することをさして言う言葉かな?」と私は解釈しています。

畑から運ばれたジャガイモを数日間保管して、地中にいた状態から、地上生活に落ち着かせるための 1)乾燥 2)温度 管理というものかな?と思います。

まず、小屋の土間を整頓して広く清潔にし、”むしろ”= 稲藁で編んだ”畳一畳サイズ”の絨毯のようなものを広げます。

むしろ”は、芋を運搬してきた箱から、ころころ転がり落とす時のショックを和らげ、芋が腐敗した時に発生する水分の吸収をしてくれ、さらに、付いてきた畑の泥も集めやすいという優れもの”です。

「男爵芋」は、厚さ30cm位の層にして積み上げていても蒸れて腐敗すると言う率は低いですが、「きたあかり」は、蒸れやすく、腐敗し易いタイプだと感じました。

< 「きたあかり」を栽培した場合は、<風乾>に気をつけなくてはいけない!>

積み上げる厚さをできる限り低くして、(広い乾燥場所が必要!)一週間程度、様子を見る必要があります
大型扇風機で風を送る方が良いかもしれない

「きたあかり」が「男爵」よりも高価に設定されているのは、品種が新しく、美味なことだけではなく、その管理方法に原因があり、手間ひまがかかることから来ているのだと感じました。
※ 無造作に出荷すれば、箱詰めされてからの”腐敗”発生が頻繁に起こることになります。

「きたあかり」は、高温と蒸れが大敵です。お家に配達されてきたら、涼しい所に広げておく必要があります。

40個前後の数の中で1,2個の腐敗でしょうが、”ジャガイモの腐敗する臭い”が強烈なので、驚く方が出てくると思います。

また、泡のような、乾くと黒ずんだ粘液が臭いを撒き散らすので、「嫌われ者」です。

「黒ずんだ粘液」は、周囲のイモの腐敗を促しますので、周囲のイモが、粘液にまみれた場合は、捨てるか?水洗い後早急に食べるか?水洗いせずに乾燥後、皮剥きをして食べるか?判断しましょう!

私的には、乾かしてからのんびり食べます。(出来れば、1,2週間の間に食べます。)

 皮を剥いて、中が正常であれば良しとして食べます。)

洗うのは、臭いが鼻にき易いし、、1,2日の間に食べ切るには、生産者として、たくさんのイモが有り過ぎるからですけれどねぇ、、。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
う、ううーーん!

来年は、キタアカリを作付けするのを止めようか?

でも、美味しいから、風乾する場所を確保できるように動くべきか?

悩むナァ!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tsuratsuranikki.blog100.fc2.com/tb.php/434-e8093dcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。