FC2ブログ
ファーム・奥能登 ~徒然日記~
農作業の苦労話や作業日誌、お得情報などをご紹介しています

blog来場者数



リンク



カテゴリー



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジャガイモの発送までーーー選別(自家製片栗粉の作り方)、泥落とし、箱詰めーー

( 7月31日(土)夜、能登から帰阪しました。)

今回は、今年初めての「ジャガイモの発送」作業をするための”能登行き”です。

阪に三泊しての”とんぼ返り”でした。
(7月26日~31日までの正味5日間、能登にいました。)

まずは、「男爵いも」から、泥落としをしながら選別をします。

<選別作業>
① 大きさ; 皮を剥きにくい小さなもの(JAは50g以上あれと言いますが、、)を除けます。
       大き過ぎる物(中に空洞があるものは、ガジガジした食感があり、不快です。)
       (JAは200gを越えると3Lとして外します。)
       ※ 大きい男爵イモは、空洞が無ければ、味が軟らかくて美味しいと(私的には)思います。

② 病気の発症の恐れのあるもの;ア)茎と連なっていた部分が、色濃くなっている。イ)黒味がかった斑点がある。 ウ)泡、や汗を掻いているもの → → やがて発症して腐敗していきます。時期が早いか、遅いかの違いだけです。
       ※ 人間の病気;癌に通じる「生物の病に共通な、何かを感ずる」のです。

③ 見た目が悪いもの; 機械で切りつけた痕、かさぶたのような皮膚病、包丁で切りにくい凸凹したもの

要は、手のひらに載る大きさで、その芋、独特の形をしていて、懐かしい感じのものが、順当に良いもので、、、
直感的ですが、、なにか変!?と感じるものは「アカン奴!」なのです

<泥落とし>単純に、軍手でもみもみしながら、泥を落としますが、、、重粘土質の畑から採れた芋ですから、容易くは採りきれません。畑が完全に乾くと、泥の付き方が減り、芋掘り機のスピードもアップできるのですが、、、お天気が1週間以上も降らずに晴れてくれることはーーー、7月中は、ねぇ、難しい!ーーー土地によってはこの時期、大雨ですから、、、。( 人手不足もあって、今年は泥が少し付いたままの発送になりました。洗って下さればOKですもの、、。)

<選別から刎ねられたものの処分方法>1) 「自家製の片栗粉を製造する!」
  芋を丁寧に水洗いして、ミキサーが素直に回転するように切り分ける。ミキサーにかけた液を木綿の袋に入れて、揉む。白い液が出なくなったら、袋の中身を廃棄する。白い液を集めて、数倍の水でかき回し、沈殿物が落ち着くまで待つ。上澄み液を捨てて、更に新しく水を加えて攪拌し、沈殿物を集める、、、を繰り返すと、白い沈殿物ができます。上澄み液が透明になれば、終了まじかです。水を捨てて、乾燥したら出来上がりです。
  ※ かなりの量の原料を数日間取り組むと、納得のいく分量できます。
  ※ 乾燥さえ、しっかりしていれば、長期間利用できます。

2) 「低廉な価格で、販売する
  早めに食べれば、充分美味しく食べれるものが大半です。皮を剥く作業が少し面倒だったり、大きくはつる必要がありますけれど、、。半値で、販売できるものは販売したいです。

<箱詰め>
  段ボールにガムテープを貼り、底を作ってから、芋を入れていきます。段ボール代、ガムテープ代も掛かりますが、配送会社用の用紙に、住所、名前を書くのにも時間が掛かります。配送会社が地元にあるが、、(お客様の負担を考えて、少しでも安い所を捜す → 片道15分の隣町のJAまで運搬する。( →手続きの時間も入れると1,2時間のロスが生じますが、仕方ありません。)
  早朝から取り掛かり、独りで6,7時間かけて40個ちかく、今回発送できました。(見落としが発生!ごめんなさい、次回必ず、発送します!)

今回も、大阪に滞在できるのは数日です!
( また、とんぼ返りの日々になるでしょう。)

落花生や大豆畑の雑草引き、蕎麦の種蒔き用地の準備、背丈が目障りな位にのさばっている畑の耕運など等、限りなく仕事があり、ご注文に応じての発送が入ってきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月に入り、

能登は「夏祭り」、「旧盆」で人が溢れかえります。

実家にも訪れる人々の足音がし始めます。

蜘蛛の巣を掃除機で吸い取り、畳を水拭きし、お布団を日向で乾かす作業も待っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
去年は、お祭りの日も「芋掘り」をしていました。

※ 能登では、芋掘りは「7月いっぱいに済ますべき仕事」だそうです。

※ 7月の芋掘りの日々の暑さは厳しく、畑に出てくる人の姿は見られません。
  (人々は、早掘りをして,暑さを避けたり、早朝のみの畑仕事で対応しています。)
  毎日、地元に居る私ではありませんので、熱中症にならないように「水のがぶ飲み」をして、昼日中も働き通しました。少し体重が減って、、嬉しいかも、、。( もう少ししたら、結婚当初の体重になれます。)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tsuratsuranikki.blog100.fc2.com/tb.php/433-8fe8f974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。