FC2ブログ
ファーム・奥能登 ~徒然日記~
農作業の苦労話や作業日誌、お得情報などをご紹介しています

blog来場者数



リンク



カテゴリー



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


種蒔き;動物との知恵比べーーー田舎と都会の差ーー

落花生は種の中でも、極めて大粒で、栄養に富み、、、動物には狙い目です

今年、春からつい、この間まで、三度も落花生の種蒔きをしました

一回目は、低温で発芽が遅れて、、、大阪から能登まで育苗箱ごと運搬し、

能登の畑に蒔き直しました。

去年は、ガード(動物除け)の対策は、畑土の上に鳥除けの網を載せただけで、、。

見事、1本も発芽せず、動物に食べられました。

今年は、トンネルを作り、3cm角の網を張りましたが、、、トンネルの高さを20cm程度にしたことが原因で、これまた、カラスに食べられました。(400個ばかりのタネで、無事発芽したのは10本!)

たまたま、能登に居た時に、カラスの食べっぷりを見ることができました

カラスは、トンネルの骨のビニール菅(太さ1cm位)に載って、自らの体重を掛けることで、ビニール菅をたわませ、くちばしを網の中に突っ込んで、土中のタネを探していました!!!

からすの頭の良さに驚きました!!!

白い保温用の防虫ネットを張ったトンネルの上部に、穴を開けたのも、おそらくカラスの仕業に違いないと思います。

こちらは、サツマイモ苗を植えていましたので、それ以上の被害は出ませんでしたが、、、。

黒いビニールを張って、1列の穴を開けて植えつけた土ショウガの球根を口でくわえて引っ張り出して、食べてみていたのも”カラス”です。

なんとも貪欲で、すごい奴です。

ついでに言うと、

小麦の穂をついばむスズメを脅すとされる「赤ー銀テープ」の威力も、期待はずれの感じです。

見えにくい釣り糸を張れば、脚を取られるのを嫌がって、スズメの来襲がなくなるとの話を信じて”父の海の道具箱”から釣り糸を探し出して、引きずる足で畑の中を何周も歩いて、糸を張りましたが、これまたスズメに嘲笑われたようなものでした。

スズメの体重はとても軽く、頭を垂れる稲と違い、まっすぐ立っている小麦の穂の上に、軽々と飛び乗って穂をついばむのです。(私の苦労を嘲笑っているようで、、あっけにとられ、かつ悔しかったです!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大阪で、落花生の種蒔きをして、カラスの被害に遭うことはありませんでした

都会のカラスは、ひたすら「生ゴミ入りのゴミ袋」を狙うのです

また、
家の周囲の小さな隙間に種蒔きをした”育苗箱”を並べると、すぐに「犬猫の糞用の穴」が掘られています。

さっそく、網や、稲藁を載せて、防御します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで

能登の畑の近所に、3m×4m×2m 位の篠竹を柱にしたネット張りの小屋を作っている隣人がいました。

中に、胡瓜やトマトの実のなる野菜苗を植えています。

そういえば、スイカ用の畑の周囲もぐるりと天井部分も含めて、網を張るのでした。

大豆の発芽までカラスに狙われるから、ハウスで育苗箱で、育ててから植えつける地区が近所にあるそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まったく、田舎では「人の数より動物の数の方が増えて
動物に狙われることを意識して”知恵比べ”を、動物とやらなくてはなりませんねぇ。

目下、三戦三敗の私デス

( 悔しい!!!)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tsuratsuranikki.blog100.fc2.com/tb.php/422-91e0bce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。