FC2ブログ
ファーム・奥能登 ~徒然日記~
農作業の苦労話や作業日誌、お得情報などをご紹介しています

blog来場者数



リンク



カテゴリー



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高速料金1,000円(土日)ーーー継続希望!--

厳冬期が過ぎると、普通乗用車の姿が一気に高速道路上に増えてきました

3月14日(日)の、大阪への帰路は、うんざりする状況でした。

サービスエリアの混雑、インターチェンジでの渋滞、名神での”のろのろ運転”ーーーこれまであまり遭遇してこなかったので、、、人々がまた、動き始めたことを実感しました。

1,000円乗り放題に近かった「高速料金」は、5月いっぱいで終わり!---という政府の方向転換のおかげで、これからの週末は、”最後を惜しむ人々”で埋め尽くされるだろうと思うと、運転するのも気が重くなりがちです。

私の場合は、7,000円を超える料金を平日払って金沢東から国道へ降ります。
(お安くしたい時は、昼間割引の時間帯に走り抜けます。三割引5,000円超を支払います。)
(もっと、安くしたい時は、深夜割引の時間帯にかけて動きます。5割引3,900円前後)

これが、週末は、1,900円で枚方東 → 金沢東(約300km)でしたから、、、。

この政策は、車を運転する者にとっては、大変においしかったデスねぇ!

※ 但し、
     昼間割引で、300kmを走る時は、トイレ休憩をするだけで、休息とショッピングなどに時間を多く潰していられません。
     また、深夜割引では、チェーン規制の入っている厳冬シーズンは、時間も疲労も大きくなって運転がしんどいですねぇ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この政策が実施された背景は、石油の高騰で、① 高速道路上の、普通車の移動がピタッとなくなったことや、② 車を手放す;車の所有を諦める= 車の販売数の激減 ③ 景気回復の見通しが立たない位の景気停滞に陥った
ことがあげられます。

当時、ガソリン;リッター170円台の値段がついていました。

それが、110円台まで下がるのに一年必要なかった!(時が経ってみれば、あの時の心理状況は何だったのだろうと振り返らずにはいられません。)

新車(ハイブリッド車)には、25万円前後の補助金が国から出されたお陰で、あっというまに新車が売れ出した!

が、しかし

今、再び、ガソリンの値段がじりじりと上がってきている。(130円台になろうとしている。)

新車の補助金も切られ、ガソリンの値段も上がり、高速料金もあがるなら、→ → → 新車のローンを背負って、うんうん生活のしんどさに唸りながら、国民はじっと我慢するのだろうか?
ーー手のひらを返すような、政策の変更をいつの間にか実施されている!ーー

私は、13年目になろうとする愛車を手放せずに、、、うろうろと時間が経つ間に、激しく周囲が変化していて、、、結局、新車を購入できずに終わったことを喜ぶことになりそうです

日本の閉塞感を拭うためにも、高速料金1,000円策は継続した方が、国民の不満が貯まらないと考えます。

新車を購入したい人の数も、急減しないと思います。

各観光地も「閑古鳥」で嘆く光景がTVに撮影されないで済むことでしょう。

まったく、

1年前は、嘆き節ばかりを集めて、放映していたマスコミでしたねぇ!

国民の不満が、(国政選挙で)政府を倒すのだとはっきり知った一年間でした。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tsuratsuranikki.blog100.fc2.com/tb.php/406-79241dcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。