FC2ブログ
ファーム・奥能登 ~徒然日記~
農作業の苦労話や作業日誌、お得情報などをご紹介しています

blog来場者数



リンク



カテゴリー



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


男爵芋の植え付けを完了!---3月14日(日)--

今年の春は、三寒四温というけれど、、、三月中旬になっても雪が降る”天気予報が出ていて、、、能登は時雨がちの雨の多い = 畑が乾かない!日々です。
そういう中を、敢えて強引に、トラクター湿っている畑土 = 粘土質を、浅く耕運して、、、ジャガイモを14列植えつけて帰りました。

もちろん、Iさんに手伝って貰っての作業風景です。

去年は、暖かくて、、、3月7日位が一番早い目の芋の植え付けだった!」

「今年は、雨が降ったり、雪が降る言うたりで、、、畑が乾く暇が無ぇもんで、、14日に植えるいうのは村の中でも、随分と早い方やぞねぇ!」
「ジャガイモは、4月20日に植えても、間に会うって言う人がいる位なんでぇ、、、20日に植えても、芋が一生懸命に伸びて、追いつくげとぃね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Iさんは、焦って植え付けて帰ろうとする私をなだめてくれました。

( いつもながらの、心使いを感謝します。)

実のところ、

私の3月の日程は、ある意味で、身動きがとれない状況なので、14日、ここで植えてしまう以外に術が無かったのです。
(”吉”と出るか、”凶”と出るか? )

「運」を天に任せるしかありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
< 芋に被せた土の量

今年は、濡れた畑を浅く耕運したため、僅かしか土が芋の上に載っていません

由美ちゃん、雪が降ると言うとるげさけぇ、もう少し被せた方が、、、」
と、Iさんは心配して、
鋤で少し掘ってみていましたが、

トラクターで濡れた畑土を踏み固めたため、

さくさくとは掘れず、、、

辛抱強いIさんでも、諦めることに、、。

まったく、

毎年、毎年

じゃが芋植え付けには

泣かされます

※ 次の年からは、年休を気にせずに能登へ出てこれるがけぇ!(喜!)

ところで、

畝間は、120cm以上あり、中型耕運機が楽に畝間を通れるようにしています。

こんだけ畝巾がありゃー、普通の2列半やぞねぇ!」(Iさんの嘆き、呆れる声)

(しかし、これは機械に頼って、一人で広い畑を切り盛りする私の取れる、唯一の作戦です。→ → → 1回目の雑草引き用の巾デス。)

小型耕運機「イセキ;うねっこ」で、土を二回、巻き上げるためにも、畝間を広く取っています。

※ 「うねっこ」の土を跳ね上げる位置は、歯の前方30から45度で、、、車輪の真横ではありません。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tsuratsuranikki.blog100.fc2.com/tb.php/405-fc569f76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。