FC2ブログ
ファーム・奥能登 ~徒然日記~
農作業の苦労話や作業日誌、お得情報などをご紹介しています

blog来場者数



リンク



カテゴリー



カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


07/08/01~13

南瓜がぼちぼちできています。
200本ちかく植えたので1個づつできても100個を超える数になるので、食べきれるか心配になりだしました。
雑草の伸びっぷりもすごくなって、白ザ、アカザの茎を鎌で刈り落としてもモグラ叩きの様で、1週間で大きくなります。ついに決心して、南瓜ごと刈払うことにしました。次帰省するのは、8月下旬ですから南瓜のピークも越えているだろうし、雑草の中から見つけるのも困難な、畑に入れないくらいの状況を想像して、、決断しました。
草刈機で雑草ごと払いながら、何個も南瓜の頭を刈り込みました。時間切れで、弟夫婦に南瓜の収穫を依頼して帰阪しました(迷惑ばかり掛けてすみません)。
スポンサーサイト

07/07/19~26

40個ばかり収穫して、親戚やお世話になっている方々に1、2個づつあげました。
 
大阪にも10個ちょっと持ち帰って、サービス品としておまけに付けて渡せて良かったです。

好評・好評!!

南瓜の注文は、始めから予想していないで、おまけ・サービス品として位置づけていたのは正解だった気がします(う、ふ、ふふふふ!)。

07/07/12~16

そろそろ、45日過ぎたから、かぼちゃも食べ頃!

畑の中で、大きめのかぼちゃを探してウロウロ歩きます。おっと、南瓜の蔓を踏むなよっと。

1個の重さは1.2Kg~1.5Kgの小振りな、えびす南瓜と栗南瓜です。

どちらも果肉は黄緑がつよい色ですけれど、味はホクホク系で、大阪に帰ってから煮てみました。
「うんっ、美味しいよ!」
主人の太鼓判が出れば、まずまず強気で皆様にお勧めできそうです!

07/06/16~18

08.jpg07.jpg06_20080124212030.jpg
05_20080124212025.jpg04_20080124212019.jpg03_20080124212008.jpg



①玉ねぎを収穫した跡地に雑草が生い茂っています。
②あまりに巨大な雑草は手で引いて
③愛車のトラクターですきこみます(地面の中へ、生きたまま肥料にします。=こういう形で埋められる植物を緑肥といいます)。南瓜の蔓は雑草にしがみ付いていたので、外します。
代用に篠竹の細く、短いのを300本、購入して巻きひげの傍に竹を刺して、「さぁー、これに巻きついて風から身を守ってね!」南瓜の蔓を右へ、左へと振り分けて、少しすっきりした畑一面に広げ直します。
④南瓜の実には、その下に白い発砲スチールでできた座布団を敷きます。

シロザアカザという雑草(⑤)は、花が付く頃は茎が固くなり、引き抜けない代物になりますが、今はその直前で、茎が柔らかく容易く折れて、手で抜くのも、緑肥に利用するにも最適の時期です。背丈は人くらいまで大きくなります。

07/05/13

01_20080124210109.jpgヘイオーツが消えてかぼちゃの苗が一列に並びました。
時々朝、冷え込む能登で、ビニールトンネル無しで、上手く育つか心配です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。